2007年07月11日

北海道ブラー積丹とオロロン釣り歩き

釣りざお1本持って釣りにでかけました。毎年行ってるお気に入りのポイントへ。まずは積丹へわたしは装備は軽装で竿1本でブラーのキャストでつり歩くスタイルです。積丹半島はお気に入りの幌武意海岸へ。国道から漁港へ下る崖の右左へくねった道を下りていく。上からの景色は抜群だ。そして漁港のところで車をとめ漁港は釣り人でいっぱいだ。だがわたしには関係ない その横の海岸を30分ほどあるくので装備は軽装なのだ。毎年実績があるところでキャストをくりかえす。だが海藻が例年よりすくない。いつもはこの海藻のしげみへブラーをおとしこむとおもしろいように釣れるのに。今年は状況がちがった。この日は残念ぼうず。                それで翌週はオロロンラインへここも毎年実績あるところ。日中は天気が良くビオチンQ10 ビューティークリームで肌を守る 雄冬海岸この日は絶好調。午後3時から午後9時まであぶらこ40センチ筆頭に30センチ前後ふくめ5匹ガヤ25−30センチが10匹20−25センチは30匹以上ソイも25センチくらいが2匹釣れそこでえさなくなり終了。沖合いの300メートルくらいの近いところでは夏の風物詩イカ釣り船がでており夜でも海岸は明るい釣り場だった。こんなちかくでイカ釣り漁船がでてるとゆうことは、岸からでもイカ狙えるのではと思ったが仕掛けはもっていってなかったのである。ただこのポイントも岩場を登り下り登山なみに20分位歩くので軽装で竿1本とブラーのキャストで十分根かかりも糸を軽くはってからピョーんと手を離すと岩からハリははずれるのです。ただし海藻は少し強引にひっぱることになりますが。いい一日だった。
posted by あひる2007 at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。